原木舞茸の食べ方

こんにちは!

すっかり秋の風が吹き、紅葉が美しく山を彩ります。

この季節は、本当にテンションが上がります。

何をするにも、気候がちょうど良いので、運動やキャンプなど

様々なアクションを起こしたくなりますよね!

さて・・・本題なのですが、

おかげ様で「ふるさと納税」での原木舞茸は、完売をさせていただきました。

今回は、その原木舞茸の処理方法をご紹介していきます。

原木舞茸に限らず、原木キノコには

土や葉っぱ、小さい虫などが付着することがあります。

↑こちらの画像は、原木舞茸の床です。

原木舞茸は、倒木などの木に生えるのではなく、こういった枯れ葉の間をぬって

生えてくるのです。

なので、どうしても、この枯れ葉や土を抱いて大きく成長していきます。

それゆえに、大量のミネラルを吸って成長するので、栄養価は菌床舞茸よりも

豊富です!!

また、ゆっくり時間をかけて発育していくので、香りや歯ごたえは最高です!!

なので、こういった葉っぱや土の付着は否めない結果となることを、あらかじめご了承いただけると幸いです。

また、他の農産物とは違うのは、付いた土などを水で洗って処理をしてしまうと、

そのぬれた部分からダメになってしまうことが多く、鮮度や品質が一気に下がってしまうため、お客様にお届けの際には、原則として軽く土を落とす程度でとどめています。

人間の体温で、ガッツリつかんで石突の処理を行ってしまうと、それだけで痛んでしまいますし、形も崩れ見た目も悪くなってしまうのを避けるためでもあります。

なので、ご自宅でお召し上がりになる場合、一度、キノコの足元(石突)をハサミで軽くカットして、水で汚れを落とします。

このように、ガッツリ葉っぱなどついている部分がある場合、指で軽くポキっと折って処分します。

このように、食べたすい大きさにカットして、水洗いをしてから

調理をすることができます。

我が家では、上記のように多少葉っぱなどが付着していても、全く問題ないので

食べてしまっています(笑)

昔の農家の方は、ワザと土の付いた皮をちょっと洗って、そのまま料理に使用していたという

事を聞いたことがあったので、我が家でも実践して食しています。

今年の原木舞茸は販売終了となってしまいましたが、来年もぜひよろしくお願い致します。

山本


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

  お問合せ

〒311-3411

茨城県小美玉市野田572-67

山本 泰弘

​090-7430-8552

メールでのお問い合わせはこちらからどーぞ

© 2023 by Prickles & Co. Proudly created with Wix.com